TOP企業情報企業理念

私たちはつねに快適で夢のある空間をかたちにする
イノベーション&ヒューマンコミュニケーション企業であり続ける

私たちは仕事を通し社会人としての倫理観を学ぶと同時に、御客様の最高の満足をみずからの糧とし、常に市場を創造するとともに、地球環境へ配慮し、楽しく豊かな社会づくりを使命とする

一. 御客様の為になるそして必要とされる企業であり続ける
一. 取引先に信頼される誠実な企業であり続ける
一. 社員には常に努力のしがいのある企業であり続ける

1. 天我生
「天が私に生を授けたのは、世の中が私を必要としたからである。」これは“存在の哲学”という考え方である。例えば、コップも水やお湯を入れる器であり続ける時は、コップとしての役割を通し世の中に貢献している。人もこの世に生を受けるということは、世の中がその人を必要としたからにほかならない。人としての使命を全うするには、なにかしら世の中のために必要であり続けることが本来の姿である。また企業も世の中に誕生したからにはその責任を自覚し、世の中 に必要な企業であり続けることが一番大切な使命である。従って私達は企業人としての責任を自覚し、職業に誇りと自信を持ち、全力でこの道を進む。


2. 1パーセントの心
故松田芳雄会長より、このようなお話を頂いた。「今の時代、多分お金で99パーセントのことは思い通りに出来るかも知れない。だが、残りの1パーセントは どうしてもお金で買えないことがある。これがもしかすると99パーセントより大きな1パーセントかも知れない。だから99パーセントより大きな1パーセントを大切にする経営者になってほしい。」
私は、この言葉に“1パーセントの心”というタイトルを付けた。私はこの1パーセントを、例えば「人を愛する心」「人に感謝する心」「人の痛みが分かる心」と理解している。そのような『心』を何より大切にする経営者であり、企業にしなければならない。


3.井戸を掘るなら水が湧くまで掘れ
格言に“井戸を掘るなら水が湧くまで掘り続けろ”という言葉がある。
会長から「成功するにはどうしたらいいと思う?」と質問された私はいくつかの方法論を答えた。すると会長は、「簡単だけど難しいよ。それは成功するまで、 あきらめずにやり続けること。これが成功への一番の近道だよ。」と教えられた。成功するにはどんな時もあきらめずに、粘り強く目標に向かってチャレンジし続けることが私の使命だと思っているし、新昭和の全社員も、肝に銘じ実践して欲しい。

第一条 ぐずぐずと始めるな。時間厳守。行動5分前には所定の場所で仕事の準備と心の準備を整えて待機せよ。
第二条 指示を受けたら大きな声でハイと返事をし、ただちに取りかかること。いったん行動を開始したのちは猟犬の如(ごと)く忠実にキツネの如(ごと)く賢く、そしてライオンの如(ごと)く勇猛に。
第三条 行動は敏速を旨(むね)とす。このためには動作はきびきびと、言語は簡潔明瞭(かんけつめいりょう)にてきぱきと進めよ。
第四条 いかなる困難に直面しても目的を放棄せず、時(とき)が深更(しんこう)に及ぼうとも最後までやり遂げる不退転の強い意志を持て。
第五条 行動は命令者への結果報告によって完了する。やりっぱなしは何もしないよりまだ悪い。報告および事後処理を完璧にやれ。

人間は一人で生きることは出来ません。私たちの一生はすべて他の人々の支えによって生かされています。企業もそのことは同じです。したがって、感謝の心、報恩の心、喜びの心をもって、お客様や社会に奉仕する姿こそ、人間らしい生き方であり、企業としてのあるべき姿です。
企業が社会的責任を果たしていくためには、常に繁栄存続し続けていなければなりません。そのためには新昭和グループに携わるスタッフ一人ひとり(人財)が最も大切と考えます。このクレドが示しているとおり、個々の目標は違っても目指すべき方向や常に向いている先は同じです。それを実現できるよう、スタッフ一人ひとりの自主性を尊重し、やりがいの持てる誇りに満ちた職場環境をつくります。